通常より小さなサイズの子ども用のうちわについて

有効的なうちわの使い方!

有効的なうちわの使い方!メインイメージ

子ども用の小さなうちわについて。小さな子ども用うちわは昔からありますが、喜ばれるようアイデアを盛り込むことが大事です。

通常より小さなサイズの子ども用のうちわについて

うちわは、年代別とか傾向別、また素材別などかなりのカテゴリーが出ています。

特殊なサイズはもちろん可能です。

絞り込みを行なっておきましょう。

■古くからある子ども用の小さなうちわ。

子ども向けの小さなうちわは柄の付いたうちわでも昔から販売されています。

また柄のない紙1枚でできたうちわなら、どんな大きさ、どんな形状にも対応してくれます。

子ども用ということであれば、少々乱暴に扱っても破れたりしない、厚手の紙のものがいいでしょう。

うちわ専用の工房は、ネット検索ですぐに見つけることができるので試してみてください。

■どんなうちわにしたいか絞り込みが大事。

たとえば子ども用なら、キャラクターがメインの可愛らしいうちわがいいのか、塗り絵ができるなど、アイディア性に富んだうちわを探しているのか、そういった絞り込みのほうが大事です。

現代ではうちわも知育型ツールに変身しています。

材質も多種多彩なので、工房に行って迷わないようにしましょう。

■「なぞなぞうちわ」や「自然科学に強くなれるうちわ」

子ども向けには多くの工夫が凝らされています。

うちわをどのように使っていきたいのかをハッキリさせておきましょう。

種類が豊富なので、漠然としたままでは迷ってしまいます。

サイズはもちろん、どんな傾向の、どんな目的のといったイメージをもっておくことが大事です。

折り紙で作るうちわなんていうのもあります。

親子で一緒に楽しめていいですね

気になる方はこちらご覧下さい⇒【折り紙】夏祭りの折り方・作り方《お神輿、ハッピ、浴衣、団扇、金魚、花火》